メンバーシップ

Logos Community Churchは、この世にあるどんな組織や団体とも違うコミュニティーとなることを目指しています。それは、集う人々が福音に生きるということなくして実現しないないことです。私たちは、教会の一員となるというメンバーシップを大切にしていますが、それはこの世の中のいうメンバーシップとは根本的に異なるものです。この世では、メンバーとなることによって様々な利益があります。例えば、お得に品物が買えたり、所有者のみが得られる特権を使用することができるというものです。しかし、教会のメンバーシップとは、結婚するときの婚姻届に例えられます。婚姻届が「相手を愛します」という宣言であるように、教会のメンバーシップは「この教会家族を愛します」というあなたの決意表明です。

聖書に語られる愛とは、あなたが相手からどれだけ得たいか、ということより、相手に自分をどれだけ与えるつもりでいるか、ということにあります。相手のために何をどれだけ失えるでしょうか。自分の自由をどれだけ諦めるつもりでしょうか。自分の大切な時間、感情、持ち物をどれくらい相手のために使うつもりでしょうか。こういう基準があるからこそ、結婚の誓約は、単に助けになるだけでなく、むしろテストでさえあるのです。「もちろん愛してはいるけれど、婚姻届を出すなんて野暮なことはやめよう」と言われたというケースをよく聞きますが、つまるところ、それは「私はまだ、自分に選択する自由を残しておきたい。それほどあなたを愛しているわけじゃない。私のすべてをあなたに与えるほど愛しているわけじゃない」ということなのです。「そんな一枚の紙切れであなたへの愛は変わらない」と言う場合も、「あなたへの私の愛は、まだ結婚するほどではない」と言っているのと基本的には同じです。

もちろん、教会は結婚とは違って、将来新しい教会のメンバーとなる選択肢は残されています。しかし、教会家族を大切にしていると言う人がその教会のメンバーとならないことが意味するのは、その人の教会家族に対する愛が「まだメンバーとなるほどではない」ことだと言えます。

私たち一人一人の人生は神様が統べ治めておられます。引越し、転職、結婚、出産、介護など生活上の変化や特別なニーズを神様が与えられ、違う教会を見つける必要が出てくることもあります。大切なのは、どこにいても「今」あなたが通っている教会に属し、その教会家族を愛することです。ぜひ私たちの家族になっていただきたいと願っています。